本文へ移動

専修学校・学科紹介

当スクールは、大分県知事の認可を受けて専修学校として開校しております。
 
   以下の二つの学科があります。
   ・食品工学科
   ・日本語学科

商業実務専門課程 食品工学科

【 食品を創るということは 「 人 」 そのものを創るということ 】

食品工学(しょくひんこうがく、英語:food engineering)とは、食品工業において食品の加工・保存を効率的に行うことを目的とした応用科学の一分野です。
2年間に渡り、素材管理→加工→製造→流通→食物連鎖まで、食品になるまでの知識、実技、職場体験を通じ、工学的な効率化、人的作業に関するマネージメントの必要性など食品専門職業に関する人材育成が目標です。
特に「手入れする農業」「手入れする漁業」は食品工学において注目されている点です。
6次産業の食品原料を基礎とした考え方に基づいて講義、実技内容が多岐にわたり体系化されます。
食品工学科を構成している各種単位操作について、 講述し,問題や課題を工学的アプローチで解決しようとするのが理論であり、その基本的な内容について学習することで、食品工学の基礎能力を身につけ、職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成することを目的としています
機械化がすすまない分野で食品工学的に効率化を求めるためには、漁業権をもった漁師や農家が魚や野菜を市場で売る時代は終わり、生産者自身が加工品の製造・販売を行い、生産・ 加工・流通を一体化させることによる付加価値の拡大へと時代は流れようとしております(開発型)
そして生産者(漁業者・農業者)自身が新しい加工を展開しています。
食品工学科では、素材への知識を深めるため、「手入れする漁業」「手入れする農業」をカリキュラムに組み入れ、効率とは単に機械化だけでなく、「無駄を省いて(オペレーション)、手間を省かず(マネージメント)」することです。
「手入れ」とはコントロールと違い自然に合わせ試行錯誤しながら、機械化を進め、バランスを崩しやすいシステムに加減を見ながら人の手を加えシステムを強固にして組立て育てる学問です。
素材の育て方から、加工、流通まで、実に100時間を超える授業を行います。
生産(農業・漁業・畜産)→加工→製造→流通とそれぞれの分野で知識と実技を習得して専門士付与の条件としております。
今後、食品工学科が6次産業化における省力化,量産化、新商品の開発などに果す役割は大きいものと考えます。

食品工学科の目的

熱帯圏は微生物が繁殖しやすい気候であるため、食中毒が氾濫しており、食品衛生が喫緊の課題です。東南アジアでは全国土にわたり、上水道は飲用に適していません。邦人が当地で罹患するほとんどの疾患が、経口的感染症です。生野菜、カットフルーツ、刺身・寿司などの和食は、加熱処理が出来ないだけに、より厳しい食品衛生管理が求められます。

食品工学科の内容

素材を使い、調理加工から製品まで冷凍・冷蔵・常温とあらゆる食品分野に応用できる管理マニュアルを専門課程を通じて習得します。
ISO22000/HACCP 食品安全マネージメントシステム
 
海外では日本食人気は高く、新鮮さやヘルシーさといった印象を持たれています。東南アジアでは大手日系外食企業の進出が増えているほか、現地の日本食チェーン店なども増加中です。食品安全マネージメントシステムは習得と学習を繰り返し、着実に運用能力が身についていきます。食品安全マネージメントシステムを1年間に渡り修得すれば、帰国後の就職活動にも効果が得られます。HACCPはアメリカではじまったHazard Analysis Critical Control Pointの略称で危害分析重要管理点のことで、今では世界的に導入が進められています。現在でもアメリカやEU各国ではHACCP認証取得が輸入の条件になっています。東南アジアではHACCP認定施設はまだ少ないのですが、東南アジアのグローバル化が進み、今後拡大していくこととなります。

食品工学プログラムの到達目標

職業実務専門課程 食品工学科 2年コース

1)HACCP/ISO22000の運用
2)食品マネージメント
3)調理加工
4)洗浄殺菌
5)低温殺菌
6)高温殺菌
7)冷凍食品製造
8)食品素材の輸送
9)手入れする漁業
10)手入れする農業
11)栽培漁業と養殖漁業
12)畜産、養殖の食物連鎖
13) 6次産業化への取り組み

 

PDCA
商業実務課程   食品工学科  二年制(書類選考、面接、学力試験等があります)
科目
授業内容
1年目
2年目
専門科目
理論
150時間
150時間
実技
470時間
580時間
一般教養科目
習得
200時間
200時間
合計
820時間
930時間

入学期 4月

学科名
修業年限
入学定員
課程
卒業時の称号など
食品工学科
2年
20名
商業実務専門課程
専門士付与
*専門士が付与されます。

一般教養科目

・ビジネスマナー教育

・労働法令教育

・職場体験(インターンシップ)

・語学教育

・ボランティア活動

・地域、社会貢献活動

・コミュニケーション能力育成

・情報リテラシー教育(新聞、インターネット、TV

・各業界分析

・社会科見学

・読書会、写生、音楽

スケジュール

食品工学科  4月入学コース
前期(4月8日~8月31日)
入学式  4月 1日
長期休校
 4月27日 ~ 5月10日(14日間)
 8月 1日 ~ 8月31日(1ヶ月間)
中・後期(9月1日~3月31日)
学期始め  9月 1日
長期休校
12月28日 ~ 1月10日(14日間)
学位記授与式  3月20日頃 / 3月31日頃
学年終わり  3月

授業料

1、検定料               免除

2,入学金            50,000円

3、教材費               免除

4、授業料(月額)        30,000円

 

入学願書応募

 
こちらから応募できます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

文化・教養一般課程 日本語学科

【 日本語を学び、日本を学ぶ 】

 「学生の時代に日本の学校で学び、実習体験した経験がある」という外国人が今後増えて、外国人と話すときの共通語として日本語が選ばれることがあるかもしれません。

 

 留学生が日本を学ぶ場合、その目的が「日本語学習」そのものへの興味からというのは、ほとんど考えられません。

 

 単位取得するために学んでいる学生は別として、大多数の学生は日本語の成果を生かして「何か」をすることを期待しているからです。

 

 学習者は各々が目的を達成するために日本語を学んでいるのですから、スクールが適切な指導をするために「何か」を知っておく必要があります。そのうえで目標実現に協力する義務があるのです。

 学生は習得と学習を繰り返し、着実に運用能力が身についていきます。

 
 
 日本語学科とは、日本語での日常会話からビジネスに通用する専門用語まで学び、日本語能力試験N-3以上の学力を身に着けることを目的とした学科です。
 一年間で、日本語の基本から日常会話、ビジネス上でのやり取りをもとに、微妙なニュアンスなどを伝えるための様々な文法や、少し専門的な言葉を学んでいきます。
 
 日本語能力試験については、こちら

入学期 4月

学科名
修業年限
入学定員
備考
日本語学科
1年
40名
日本語能力試験受験制度あり
文化・教養一般課程 日本語学科  一年制
日本語
習得
620時間
一般教養科目
習得
200時間
合計
820時間

授業料

授業料

1、検定料               免除

2,入学金            50,000円

3、教材費               免除

4、授業料(月額)        30,000円

 

スケジュール

日本語学科科  4月入学コース
前期(4月8日~8月31日)
入学式  4月 1日
長期休校
 4月27日 ~ 5月10日(14日間)
 8月 1日 ~ 8月31日(1ヶ月間)
中・後期(9月1日~3月31日)
学期始め  9月 1日
長期休校
12月28日 ~ 1月10日(14日間)
学位記授与式  3月20日頃 / 3月31日頃
学年終わり  3月

入学願書応募

 
こちらから応募できます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
集中できる学習環境を提供しています
食堂および娯楽・休憩室
食堂および娯楽・休憩の場所も充実してます
厨房
ハラルフードを提供できる設備の整った厨房

専門学校とは

留学生が入学することができる高等教育機関は、大学(学部)、大学院、短期大学、専修学校専門課程、高等専門学校の5種類があります。また,日本語の習得を目的に留学したい人には各種の日本語学校があります。

さらに、運営をする法人によって、「国立」「公立」「私立」に分類されます。

大学院、高等専門学校をのぞく、4つの教育機関においては、母国で初等教育、中等教育の12年間を修了していることが条件となります。

大学を卒業すると「学士」、短期大学を卒業すると「短期大学士」という学位が与えられます。

それと同じように、専門学校の2年制以上の学科※1を修了すると「専門士」、4年制以上の学科※2を修了すると「高度専門士」という称号が与えられます。「高度専門士」の称号を得ると、大学院への入学資格も同時に与えられます。

1:総授業時数1,700単位時間以上(単位制の場合62単位以上)で、試験等により卒業を認定していることが認定要件。

2:総授業時数3,400単位時間以上(単位制の場合124単位以上)で、体系的な教育課程を編成し、試験等により卒業を認定していることが認定要件。「専門士」が、4年制以上の学科を修了すると「高度専門士」という称号が与えられます。

 

 

「日本で就職したい留学生」「外国人を採用したい企業」が増えています
年齢や国籍が違っても、同じ目標に向かって共に学べる場、それが専門学校です。
大学を出てから専門学校に入校し「管理職」としての「就職力」が身に付きます。
企業の採用情報に精通しているスタッフが連携することで、学生一人ひとりの希望と適性に合わせた企業選びが実現可能です。学友会のソーシャルワーカーが常駐していますので、学生たちが様々な悩みを気軽に相談できるよう配慮しています。
また、出身地や母国の日系企業などへのUターン就職を希望する学生や、日本での就職を希望する外国人留学生への対応も整えており、充実の指導態勢を整えています。
オペレーションズ
マネージメントシステムスクール

〒876-0834
日本、大分県佐伯市城南29-15
TEL.+81-972-48-9356
FAX.+81-972-48-9357
・外国人特定技能登録支援機関(20登-003810)
・大分県知事の認可を受けて専修学校を運営
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyz
TOPへ戻る